概要や種類|省エネ活動にはBEMSの導入が必要不可欠!使用量を可視化する
メンズ

省エネ活動にはBEMSの導入が必要不可欠!使用量を可視化する

概要や種類

男の人

試験片はどのように用いられるかというと、材料の技能把握や評価に用いられています。その結果は、材料の技能保障、設計のために使われます。そのため、非常に厳格な寸法公差、加工条件が規定されています。採取位置についても決まりもできています。試験片は主に使われる材料であることから、正確な識別管理が必要とされています。試験片には、様々な種類があります。引張試験片は、材料の変形開始時や、切断までの郷土、伸びといった基本的な性能を図るためのものです。腐食試験片は、腐食環境に対しての腐食料がどのほどであるかなどを調べるものです。靭性評価試験片は、材料の粘り気がどれほどであるのかを調べるものです。鋭い切欠を加工した状態で試験される場合があります。

試験片は、様々な種類があります。それに伴い、値段も非常に大きな差があります。発注する枚数や種類によって、値段は異なります。納期については、会社によって異なりますが、標準在庫品であれば2から3日、標準取扱い製品は七日程度となっています。それ以外の製品については、取り寄せ、加工という対応になるので、さらの多くの日数がかかることになります。またサンプル板の入手も可能な場合があります。材料試験、部品評価試験、不具合兆、材料試作、材料調査、大物構造物・部品の載荷試験の代行を行ってくれる会社もあります。技術的な問題が多く絡むので、目で確かめることも大切です。会社によって料金も違うので、見積もりもしっかりとお願いしましょう。