内枠について|省エネ活動にはBEMSの導入が必要不可欠!使用量を可視化する
メンズ

省エネ活動にはBEMSの導入が必要不可欠!使用量を可視化する

内枠について

オペレーター

コールセンターで成果を上げるには

コールセンター業務は顧客の要望や問い合わせ注文に応じながらデータベースを使いダイレクトセールをするのがインバウンドなら顧客に適切なタイミングで購入後のサポート電話をしたり新商品の案内をしたり直接販売をしたりサポートフォロー電話をするのをアウトバウンドといいます。アウトソーシングで業務委託をしていますので商品や会社を知る事から始めるのですが販促と販売をやりながら情婦収集をする事も重要な役目です。アウトバウンドは多くの顧客やユーザーにダイレクトに電話をしたり、メールマガジンで接触したりしますが、その反応や対応がデータベースに追加されメンテナンスされる事で鮮度の高い情報にして行くのです。コールセンターのアウトバウンドは、販売だけでなく顧客とのリレーションやアフターケアと苦情処理が大変重要になってきました。販売後の双方向性における良い関係作りがアウトバウンドの大切な役割になっています。

リレーションつくりと顧客満足を上げる

コールセンターはメルマガや電話コールを回数打てば良いというものではありません。顧客データベースの特性を分析し過去の買物動向や購買情報を知る事で売り込みたい商品、サービス、企画やイベントの案内を適切な人に打つという事が大事です。顧客データベースは、近年クラウドシステムで外部データセンターのシステムを月額利用し顧客分析ができるサービスがあります。数十万円から利用出来ますが、データベースの顧客数と分析内容によってクラウドシステムの料金は変わってきます。この様なターゲットマーケティングをする場合にはより効果を狙い広報の意味合いが強い場合は寧ろ利用の少ない顧客も含めてコールセンターのアウトバウンドで接触する方法を取ります。ネットワークとシステムは既に活用の競争時代に入っています。