作業員

省エネ活動にはBEMSの導入が必要不可欠!使用量を可視化する

内枠について

オペレーター

テレビショッピングやネット通販が普及したことでコールセンターの必要性も上がってきています。注文を受ける時には苦情を受けることもありますが顧客満足度を上げる為に必要な取り組みもあるのでシステムを整えましょう。

もっと詳しく

概要や種類

男の人

材料の技能把握や評価のために試験片が使われます。一言で試験片と言っても、様々な種類があります。腐食試験片の場合は、腐食環境に対して腐食量がどれぐらいか、などを調べます。

もっと詳しく

入り込み時に役立つ

レジスター

忙しい時間帯でも、余裕を持って接客をしたいならオーダーエントリーシステムが役に立ちます。タブレット式の注文票なので、店員を呼ばなくても食べたいものを注文できます。

もっと詳しく

節約志向に切り替える

システム

ビジネスの世界では、あらゆるエネルギーを大量に消費します。商品を開発するための製造工場は勿論ですが、オフィス空間でも大量のエネルギーを消費し続けます。なぜなら、業務時間中は室内の蛍光灯は勿論、パソコン画面をつけっぱなしで仕事に打ち込み続けるからです。大量の電気エネルギーを消費してしまうのは確かといえるので、高額な電気代が請求されてしまいます。毎月の光熱費支払いをすると、さすがにげんなりとするでしょう。そこで、BEMSを導入してみませんか。

BEMSとは、いわゆるBuildingEnergyManagementsystemを略した言葉で、直訳するとビル用エネルギー管理システムと言われています。もっと、言いやすい言葉だと、ベムズとも呼ばれています。意味合いとしては、オフィスビル全体のエネルギー消費を少しでも抑制するためのものです。しかも、省エネ活動をしながら快適にオフィス空間で過ごせます。なぜなら、パソコンモニターで現在使用している電気エネルギーや水の使用量はどれくらいか可視化されているからです。可視化されているなら、エネルギーを使いすぎているのを把握しやすくなります。空調を止めるタイミングを把握しやすくなるのは確かといえるでしょう。BEMSは、毎日のエネルギー使用量をデータ化して、蓄積と分析を繰り返してくれます。正確に言えば、BEMS関連の業者へデータを転送して適切な省エネ制御装置に働きかけてくれます。外側からエネルギー使用量を管理してくれるので、エネルギーの使いすぎがなくなりやすいです。